パワーストーンに悪いエネルギーや邪気が入っている場合の見分け方と特徴とは?

パワーストーンは、邪気や悪いエネルギーが入ると持ち主に悪い影響を及ぼします。

  • ネガティブ思考に変わってしまう
  • 疲れやすくなる
  • いつもと違う行動をするようになる(自分らしくない行動)
  • 心がざわざわする

というような現象が起こることがあります。

パワーストーンを着けるとネガティブ思考に変わってしまうと思ったら邪気や悪いエネルギーが溜まっている可能性があるのです。

邪気が入っているパワーストーンは、持ち主に「嫌な気持ち」を与えてしまうのです。

目次

邪気や悪いエネルギーが溜まっているパワーストーンの見分け方と特徴

邪気や悪いエネルギーが溜まっているパワーストーンには特徴がありますので、ぜひ参考にしてみてください!

全体が曇ってしまって輝きがない

邪気が溜まってしまっている時の見た目の変化として一番大きいのが、

「パワーストーン全体が曇ってしまっている」ということが起きると邪気が溜まっているサインです。

これはわかりやすいサインなので、常に気にしておくと良いでしょう。

輝きがなくなってしまい存在感が薄れてしまい、「ただの石」のように感じてしまっているのなら要注意です。

少しづつ変化していくものなので気にかけておきましょう。

「着けたくない」と感じてしまう

「今はあんまりこの石を着けたくないな」と感じているときは邪気が溜まっている可能性があります。

毎日の流れで着けてしまっている人はあまり感じないのかもしれませんが、そんな人でも「今日はいいかな」とか、「今日はつけ忘れてしまった」というように自然と着ける頻度が減ってしまうことがあります。

自然と着ける頻度が減ってしまっているのは邪気が溜まっていたりエネルギーが減ってしまっていて、あまりパワーストーンに魅力や効果を感じなくなってしまっているサインです。

もし着ける頻度が減ってしまっているのなら、浄化をしてリセットをするか別に着けたいと思えるパワーストーンを着けると良いでしょう。

触ってみるとピリピリしたり刺激がある

もう一つの特徴が、触ったり握ったりした時に何かしらの刺激がある場合です。

とてもエネルギーが溜まっている場合も感じることがあるので間違いやすいので注意が必要です。

良いエネルギーが溜まっている場合は、

ピリピリしていたとしても輝きがあり曇りがなくクリアな色になっていたり、手にジワーと広がるような刺激があるはずです。

悪いエネルギーが溜まっている場合は、

輝きがなく全体的に曇っていてピリピリして握っていられなかったり、トゲトゲしているように感じます。

手の表面に刺激を感じてしまっていたらそれは悪いエネルギーが溜まっている証拠かもしれません。

その場合は浄化をするなり一度外すなりの対処が必要でしょう。

邪気が溜まっていたら一度休ませるか浄化をしましょう!

もし邪気が溜まっているようなサインが見受けられたら一度外してパワーストーンをしばらく休ませるか、浄化をすることをお勧めします。

休ませる場合は、空気の綺麗なところであったり窓際などに置くとエネルギーの循環が良いので比較的早くパワーストーンが元の状態に戻ります。

出来ればクラスターや細石の上に置いておくとエネルギー充電させるのでお勧めです!

浄化のおすすめは、ホワイトセージを焚いて煙にくぐらせると一気に浄化されます。

ホワイトセージがない場合は、流水で洗うのは効果的なのですが水に弱いパワーストーンもありますので注意が必要です。

まとめ

パワーストーンを購入する際には出来るだけ邪気が溜まっているようなパワーストーンは購入しないようにしましょう。

パワーストーンというのは放っておくと徐々に邪気が溜まっていってしまって、気付いたら曇ってしまっていたということは多々あります。

「なんか最近着けたいと思わなくなったな」と思ったら浄化をしましょう。

そうすればまた輝きが戻ったり存在感も高まるので、着けたいと思えるようになるはずです。

パワーストーンもずっと着けておくとどんどん疲れてしまいますので、一週間に一回程度は着けない日を作ることをお勧めします。

そして細石の上に置いておけば浄化とエネルギー充電になります。

そうすれば常に良い状態を保つことが出来るでしょう。

参考になれば幸いです。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる